FC2ブログ
| ◇ |

2007年06月27日(水) ◇ 花菖蒲@薬師池公園 (FinePixF30)

 花菖蒲の写真を撮りに、町田市の薬師池公園に行きました。撮影日は、2007年6月26日。
 警備の人に聞いた所、10日ほど前が見頃で、今は2番花が咲いている所で、花が終わっている株も結構あるとの事でした。

 フジのFinePixF30で、花菖蒲の写真を撮ったのですが、一眼のような高倍率のズームがないとアップで撮れない離れた場所にある花菖蒲が結構あって、もどかしかったです。

 あと、近づくとぐちゃっとした花もあるので、ボケ味で処理という手段もとりました。

 具体的には、絞り優先にして、絞りを開放側にして撮りました。

 もう花菖蒲は、終わりかけだったので、来年は、もう少しいい時期に行ってみたいと思いました。

 それでも見られた珍しい蕾。蕾はこれだけだったかも。

 薄いピンク色がきれい。

 花菖蒲に最も近づいて撮れるのは、この木道でした。

 奥のほうまで、花菖蒲田が広がってます。

 白い花菖蒲。

 花菖蒲の間に、カルガモの親子を見つけました。

 警備の人に聞いたら、最初は、花菖蒲田に子ガモは9匹いて、今は5匹になったとのことでした。カモの世界は大変です。カラスが狙ってたり、ヘビだと青大将が飲み込んでしまうと警備の人が言っていました。あと、猫も子ガモを狙うとの事で、人がいる所につかず離れずで、人をカラス避けに利用していると、警備の人が言ってました。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/27 (水) 06:25
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

2007年06月27日(水) ◇ ミートホープ社 (考えたこと)

 ミートホープ社について考えたのですが、その続きです。
 ミートホープ社の社長が、相変わらずテレビにずっと映ってるんだけど、この社長が何故、ここまで、めちゃくちゃ出来たのか考えると、企業っていうシステムに、社長が不法行為を指示した時の歯止めが無いことが要因としてあると思います。

 社長が、違法行為を指示したら、社員は、従うしかありません。従わなければ、失職することになるだけです。結果、イエスマンだけしか周りに集まらなくなり、違法行為が組織に浸透して慢性化します。
 本来なら、ミートホープ社にとって不要なのは、不法行為を指示した社長と一族なのに、お金が集まってくるという結果で、順法意識のある社員は追い出されて、社長と一族に従う人だけが残ることになります。

 企業で働く人にとって、社長に対して、何の歯止めも出来ないこと、社外にバレないように、捕まらない程度に不法行為をするよう指示されること、そして、不法行為を見過ごすように圧力を受けること。
 この事に、胸に手を当てると思い当たる人は、とても多いのではないでしょうか。

 社員に不法行為を指示した時点で、社長が厳しく罰せられることがないのが、大きな問題ではないかと思います。
 今回の件でも、社長が裏で不法行為をしろと指示した時点では、罰せられません。社員がそれをしなかったり、反対したら、解雇されたり配置転換させられます。
 そして、社員が不法行為を実行して、不法行為がバレたら会社、社長、社員が罰せられることになるのです。
 この事のおかしさが、問題じゃないかと思うのです。
  1. 2007/06/27 (水) 00:00
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads