FC2ブログ
| ◇ |

2007年02月25日(日) ◇ プリウスとヴィッツ (エコ)

 プリウスと、ヴィッツ、両方ともトヨタの車です。
 で、この両方について、色々調べてみた。要は、どっちがよりエコなのか、という問題です。

価格
燃費
1km当りのガソリン代(120円/Lとして)
プリウス
2,200,000円
30Km/L
4円/Km
ヴィッツ
1,200,000円
20Km/L
6円/Km

1,000,000円
10Km/L
-2円/Km
 つまり、1km走る毎に、ヴィッツのほうが、2円余計にかかる。  ヴィッツでどれだけ走ると、初期購入費用の差額の1,000,000円と、プリウスより多くかかる燃料代が同額になるか、計算してみた。
 1,0000,000円 ÷ 2円/Km = 50万Km となった。
<検算>
※プリウス 50万キロ÷30km/L=16666L 16666L×120円=200万円(50万キロ走るガソリン代)
 200万円(50万キロ走るガソリン代)+220万円(本体)=420万円
※ヴィッツ 50万キロ÷20km/L=25000L 25000L×120円=300万円(50万キロ走るガソリン代)
 300万円(50万キロ走るガソリン代)+120万円(本体)=420万円

 要するに、50万Km走るまでは、ヴィッツの方が、ランニングコストも含めたコストで下回る計算になった。

 で、どっちがエコなのか、っていう事になるんだけど、価格と、エネルギー消費量=CO2排出量が比例するとする考えに基づくと、50万Km走るまでは、ヴィッツの方が有利で、それ以上走ると、プリウスの方が有利になります。
 要するに、プリウスの方は、最初製造時に、100万円高い訳で、その分のエネルギーを消費して、広告宣伝費なのか、開発研究費なのか、材料の採掘費なのか加工費なのか、わからないけど、エネルギーを消費していて、それは、結局CO2の排出量と比例しています。
 概念的にわかりやすく表現すると、製造されるまでに、プリウスの方が、100万円分の化石燃料を消費しているって言っていいと思います。

 いや、本当に、プリウスの方が、別資源の量に制約されなかったり、燃費が良くて、車体の製造にもCO2が排出されない=エコな車なら、全部プリウスにしちゃえばいいじゃないかと思うし、それができないって事は、車体の製造原価がかかっていて、製造時にコスト=エネルギー消費をしていると思います。
 プリウスは、燃費が良くても、製造時にそれを上回るコストがかかっているんじゃ、CO2削減にはつながらない。要は、車のライフサイクル全体を通じて、ヴィッツと同等のコストに、プリウスがなって、初めてエコカーといえる。

 いや、原価で言っちゃうと、ガソリンエンジンと電気モータを両方積んで、バッテリーも多く積んでる、ハイブリッドカーが、電気モータ、または、ガソリンエンジンの、どちらか一方を積む車より安くなる道理が無いと思うのです。
 また、ガソリンエンジンの原価がどんなに安くなっても、+電気モータの原価っていう構図は、変わらないと思うんです。
 そして、大量に作っていて安価なガソリンエンジンより、少量しか作られない電気モータの方が、原価は圧倒的に高いと思うのです。
 量だけが、コストの原因なら、生産量が逆転すれば、コストも逆転するのですが、そうならない理由は、よくわかりませんが、技術か、資源の量か、なにか原因があるように思います。

 ヴィッツの方が、ガソリン車なので、安く作れて、製造原価がより安い(利幅が広い)だろうから、そっちの方で、トヨタは儲かって、ガソリン車で儲けた金をエコ開発、エコ車製造につぎ込んでるんじゃないかとも、思えるのです。
 なら、プリウスは、トヨタが儲からない車ということになりますし、エコ開発につぎ込むかはわかりませんが、金をトヨタに落としたいなら、プリウスよりヴィッツを買った方がいいということになります。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/25 (日) 09:23
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:4
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads