<< 前の記事 | ◇ |

2007年02月28日(水) ◇ MOW(モウ)ミルクいちご (食べ物)

 近くの生協で見かけたMOW(モウ)ミルクいちご。ホントは、MOWのキャラメル味が、欲しかったんだけど、季節物なのか、なくなってました、残念。
 89円という安さ、季節物とはいえ、どうだろうと、思いながら、購入。

 アイスミルクで、イチゴ果汁5%、乳化剤、安定剤不使用なのね。

 開封。

 掬って一口食べてびっくりした。ミルキーな味、なめらかな口当たり、いちごの香り(香料だろうけど)、うわぁ、うまいわぁこれ。ホントに89円なの?これ、うまいわぁ。

 掬う感じも感触良好、掬う断面が、なめらかできれい。このなめらかさが、口当たりにもいい影響を与えてるんですね。
 写真でも、断面がきれいなのが、よくわかると思います。

 ホントに濃厚な系の味だと、ハーゲンダッツなんかの乳脂肪分たっぷりのアイスクリームにはかなわないでしょうけど、このMOWミルクいちごは、適度に乳の味があって、フレーバーもよく気に入りました。
  1. 2007/02/28 (水) 13:30
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

2007年02月27日(火) ◇ 牧場しぼり抹茶仕立て (食べ物)

 グリコの牧場しぼり抹茶仕立てを食べてみた。サークルKサンクスで、103円で購入。

 アイスクリームでなく、アイスミルクなのね。

 開封。

 薄っすーい、薄いなぁ、薄いじゃん。抹茶の味も薄ければ、乳の風味も薄い。色も薄いし、結果味全部が薄い。比較対象が、どうしてもこの前食べた、和ごころ抹茶黒みつになるわけで、あれと比較すると、薄いってことになる。

 食べる順番て、重要だなぁと、思ったんです。もし、この牧場しぼり抹茶仕立てを先に食べてたら、こんなコメントになりません。

 まぁ、アイスミルクだから、しょうがないのかもしれません。ホントに食べて明らかにわかるほど、薄い感じがします。
 100円ちょっとですから、アイスミルクなのかなとも思いますし、そうやって考えてみると、クランキーアイスバーが、100円ちょっとで、「アイスクリーム」なのは、やっぱりコストパフォーマンス良いんです。
  1. 2007/02/27 (火) 16:05
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:3

2007年02月26日(月) ◇ なぜ人は、戦争をするのですか? (エコ)

 TBSラジオの全国子供電話相談室で「なぜ人は、戦争をするのですか?」という質問があったという記事があった。
 記事によると、永六輔先生は、
「あなたは、ケンカをしたことがありますか?兄弟でするのは、兄弟げんか、夫婦でケンカをするのは、夫婦げんか…国と国とがするのが戦争です。ケンカは、悪いことだけれど、意見の違いというのは、あるときには大切。ケンカをする前にしっかり話し合いが必要ですね。戦争も同じ。上手く話し合いができないとき、戦争が起こります。あなたもケンカをしないようにしっかりお話合いをしましょうね。ケンカをする前にみんながしっかりとお話し合いをするようにすれば、戦争は起こらないはずです。」
 と答えたようだ。

 「ヒトは、なぜ戦争をするのか?」という問いに、ブログライブ流の答えを書いてみよう。
 「人間はね、ずーっと昔から、ちょっとづつ変わってきたんだけど、ある時、みんなで集まって、別の人たちを殺して、モノを奪う人たちが現れたんです。で、その人たちが、戦争をやらない人達を、殺し続けたんです。そうやって、戦争をやらない人、できない人たちを、絶滅させたんです。
 僕達は、その人たちの子孫なの。言ってみれば、今生き残っている人は、戦争を始めて、勝った人たちの子孫なの。
 今は、国って言う単位で、戦争をします。それは、石油っていうモノを支配するためにすることが多いです。でも、それじゃ露骨だから、表向きは、あの王様がみんなを困らせているとか、たくさん武器を持っていて危険だから、という理由で戦争をします。」

 具体的に言えば、動物で、仲間を大量に殺す動物って、お猿さんの仲間、ニホンザルとか、マントヒヒとかでもいないし、人間に進化した動物の特有な行動なんだろうな。
 同種の群れ同士で争って、相手の群れの一部を殺す動物って、人間だけでしょうから。

 にしても、永六輔って、すごい。ああやって、子供を煙に巻くのか。勉強になります。「話し合いをしっかりすれば、戦争は起こらないはず。」って、なぜ戦争をするのかの答えになってないじゃん。

 話し合いで解決しないで、力で資源を奪うほうが、効率よく群れが大きくなれる場合があって、そうしたことも出来る群れが生き残ったということです。

 子供電話相談室だから、子供がけんかする理由は、そりゃ、話し合いで解決するわな。
  1. 2007/02/26 (月) 16:23
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2007年02月25日(日) ◇ プリウスとヴィッツ (エコ)

 プリウスと、ヴィッツ、両方ともトヨタの車です。
 で、この両方について、色々調べてみた。要は、どっちがよりエコなのか、という問題です。

価格
燃費
1km当りのガソリン代(120円/Lとして)
プリウス
2,200,000円
30Km/L
4円/Km
ヴィッツ
1,200,000円
20Km/L
6円/Km

1,000,000円
10Km/L
-2円/Km
 つまり、1km走る毎に、ヴィッツのほうが、2円余計にかかる。  ヴィッツでどれだけ走ると、初期購入費用の差額の1,000,000円と、プリウスより多くかかる燃料代が同額になるか、計算してみた。
 1,0000,000円 ÷ 2円/Km = 50万Km となった。
<検算>
※プリウス 50万キロ÷30km/L=16666L 16666L×120円=200万円(50万キロ走るガソリン代)
 200万円(50万キロ走るガソリン代)+220万円(本体)=420万円
※ヴィッツ 50万キロ÷20km/L=25000L 25000L×120円=300万円(50万キロ走るガソリン代)
 300万円(50万キロ走るガソリン代)+120万円(本体)=420万円

 要するに、50万Km走るまでは、ヴィッツの方が、ランニングコストも含めたコストで下回る計算になった。

 で、どっちがエコなのか、っていう事になるんだけど、価格と、エネルギー消費量=CO2排出量が比例するとする考えに基づくと、50万Km走るまでは、ヴィッツの方が有利で、それ以上走ると、プリウスの方が有利になります。
 要するに、プリウスの方は、最初製造時に、100万円高い訳で、その分のエネルギーを消費して、広告宣伝費なのか、開発研究費なのか、材料の採掘費なのか加工費なのか、わからないけど、エネルギーを消費していて、それは、結局CO2の排出量と比例しています。
 概念的にわかりやすく表現すると、製造されるまでに、プリウスの方が、100万円分の化石燃料を消費しているって言っていいと思います。

 いや、本当に、プリウスの方が、別資源の量に制約されなかったり、燃費が良くて、車体の製造にもCO2が排出されない=エコな車なら、全部プリウスにしちゃえばいいじゃないかと思うし、それができないって事は、車体の製造原価がかかっていて、製造時にコスト=エネルギー消費をしていると思います。
 プリウスは、燃費が良くても、製造時にそれを上回るコストがかかっているんじゃ、CO2削減にはつながらない。要は、車のライフサイクル全体を通じて、ヴィッツと同等のコストに、プリウスがなって、初めてエコカーといえる。

 いや、原価で言っちゃうと、ガソリンエンジンと電気モータを両方積んで、バッテリーも多く積んでる、ハイブリッドカーが、電気モータ、または、ガソリンエンジンの、どちらか一方を積む車より安くなる道理が無いと思うのです。
 また、ガソリンエンジンの原価がどんなに安くなっても、+電気モータの原価っていう構図は、変わらないと思うんです。
 そして、大量に作っていて安価なガソリンエンジンより、少量しか作られない電気モータの方が、原価は圧倒的に高いと思うのです。
 量だけが、コストの原因なら、生産量が逆転すれば、コストも逆転するのですが、そうならない理由は、よくわかりませんが、技術か、資源の量か、なにか原因があるように思います。

 ヴィッツの方が、ガソリン車なので、安く作れて、製造原価がより安い(利幅が広い)だろうから、そっちの方で、トヨタは儲かって、ガソリン車で儲けた金をエコ開発、エコ車製造につぎ込んでるんじゃないかとも、思えるのです。
 なら、プリウスは、トヨタが儲からない車ということになりますし、エコ開発につぎ込むかはわかりませんが、金をトヨタに落としたいなら、プリウスよりヴィッツを買った方がいいということになります。
  1. 2007/02/25 (日) 09:23
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:4

2007年02月24日(土) ◇ 和ごころ抹茶黒みつ (食べ物)

 クリコ、「和ごころ 抹茶黒みつ」を食べてみた。サークルKサンクスで購入。

  びっくりしたのが、レジに持っていったら、268円って言われたところ。思わず、「え、そんなにするんですか?。」と聞き返してしまったら、店員さんが、「そうなんですよ、ハーゲンくらいしますね。」とのこと。
 最初から買うつもりだったので、まま、いいんですけどね。150円くらいかと思ってました。高いなぁ。

 開封、ちょっと食べてみる。

 うんまい。抹茶の苦味と、黒みつの甘さ、乳成分のコク、バランスが最高。やっぱり、ハーゲンダッツと同じ価格で売ろうというだけあって、味の方は、文句のつけようがありません。

 パクパク食べちゃいます。ひたすらうまいです。抹茶と黒みつって、ぴったりですね。舌触りもよく、黒みつが所々アクセントになって、心和む味です。和風高級アイスの底力を思い知りました。
  1. 2007/02/24 (土) 00:05
  2. | トラックバック:5
  3. | コメント:4
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads