FC2ブログ
| ◇ |

2006年12月07日(木) ◇ フジカラーお店プリントの画質 (FinePixF30)

 昨日のブログの1枚目と2枚目の写真を、フジカラーのお店デジカメプリントで写真にしました。
 液晶ディスプレイで表現されていない暗い部分が、どう表現されるのか興味があったんだけど、正直言ってびっくりした。
pic1.jpg
 紙へのプリントだと、暗い部分の色調がきれいに表現されていたのに、びっくりしました。写真プリントにする前に、PSPや、デジカメ本体のディスプレイや、パソコンのディスプレイなんかで見たんだけど、紙へのプリントが、一番暗い部分のディティールがきれいに表現されていました。

 液晶画面で表現されているかな?という疑問を持っても、写真印刷する前提で、FinePix F30 の暗部の画質を信じて、空の部分の明るさに合わせて露光をコントロールしてシャッターを切るのが成立すると、認識しました。

 FinePix F30 の画質は凄いですね。ファインダー代わりの液晶では表現できない色調の情報を記録しているんですねぇ。

 液晶画面が意図した色合いを表現していなくても、信じてシャッターを切って、紙にプリントする。デジカメ画像の高画質化で、像を生み出す=「現像」=紙へのプリントっていうのが、意味ある行為になっていると、感心しました。

 ネットで見る作例とかは、プロの方がディスプレイで見てもいい絵に見えるように作例を作っているということなのでしょう。まぁ、作例をお店プリントで紙に印刷して見る人はいないだろうから、そういう風に作るのも正しいんでしょう。
  1. 2006/12/07 (木) 18:58
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads