FC2ブログ
| ◇ |

2006年12月06日(水) ◇ F30で撮る光のダイナミックレンジの広い構図 (FinePixF30)

 FinePix F30 を買って、今までやらなかった空と日陰を両方いっぺんに入れる構図について、撮ってみました。
airHikage1.jpg
airHikage1Hist.jpg
 逆光で、露光は、-1.3ステップで、空と雲に合わせました。
 デジカメでこういう構図をやると失敗するよという作例ですね。言い換えると、それだけ、撮影素子のダイナミックレンジの低いデジカメで撮れない構図という事なのでしょう。
 こういう作例は、専門家が撮る写真とか、インターネットサイトのデジカメレビューでは見かけませんね。明らかに見た目が良くない絵なので、デジカメをレビューで扱う専門家は、避ける構図なのでしょうね。
 それでも、実際撮ってみたらこうなるよというのは、こういう構図を避けるためには、知っておかないといけない事柄と思います。
airHikage2.jpg
airHikage2His.jpg
 こちらは、順光なのですが、日陰と空です。失敗作例にしても、一応暗い部分の絵自体は見えます。この程度が、F30の力かなと思います。QV-40あたりだと、空と日陰を両方撮ろうなんて考えませんでしたから。
 一番目、二番目の作例などの場合は、やはり地上の日陰部分だけを画面の中心に据えて、そこに露光を合わせて、背景の空は白飛びさせるとか、そういう絵を撮るしかないのでしょう。

 こんな絵の感じでしょうか。
airHikage5.jpg
 空と、風景(日陰)を一度に入れると失敗するよというのを避けるために、空だけを写真に撮るか
airHikage3.jpg
 順光で夕日が当たっている所を撮る、こういう絵は撮れました。
airHikage4.jpg
  1. 2006/12/06 (水) 11:58
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads