FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2006年12月26日(火) ◇ ミスタードーナツ (考えたこと)

 ミスドのドーナッツって結構、女性に人気があるんでしょうかね。よく他人が買ってきたのを食べることはあるんですよ。お店にもたくさん女性の皆さんがいるのをみかけます。味もそれなりに美味しいと思いますし、特に不満はないです。

 で、端的に言っちゃうと、ミスタードーナツって冷めた揚げパンをトレイに乗せて並べて売ってるのって、いかがなものかと思ったんです。
 マクドナルドだって、一応店でポテト揚げてて、揚げたてのポテトを食べれるのに、ミスタードーナツは、フライヤーも店に置かないで、どこかのセンターで作った揚げパンを配送して店頭に並べて売ってるのって、いかがなものかと。
 ミスタードーナツの店舗ってよく見ると、電子レンジとコーヒーメーカー、ドリンクサーバーしかない。ミスタードーナツのレトルトをチンして出すだけの麺類って、いかがなものかと。

 なんか、フライヤーを置かなかったり、レトルトチンとか、そうやって店舗にかける投資を節約してるんだろうなと。

 よく作りたてのパン屋が、ああやって店頭に焼きたてのパンを並べてるけど、店頭で作ってないドーナッツをそのまま並べるのに意味があるのかと思う。
 埃がかぶらなかったり、湿気を吸わなかったり、酸化が抑えられるだけ、袋がかかっている方がまだマシじゃないかと。

 より美味しいドーナツを食べてもらいたいと思うなら、たとえセンターで揚げて店舗に配送する方法でも、センターで袋にかければ、酸化が抑えられて美味しいドーナツが届けられるって考えるんじゃないだろうか。
 たぶん、品質を一番に考えれば、そう考えるんだろうけど、さも「店舗で、揚げたてのドーナツを並べてますよ。」みたいな演出をするのが、ミスドの会社としての戦略なのだろう。

 そうやって見ると、肉まんに不祥事があったのって、ミスドの店舗に現れている食べ物の扱い方の体質の故なのかなと、思うのです。
  1. 2006/12/26 (火) 12:14
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:3

2006年12月25日(月) ◇ プロフィットキャラメルと、黒大豆きなこプリン (食べ物)

 今日は、最近食べたお菓子類の記事で。

 何日か前だけど、サークルKでプロフィットキャラメルっていうお菓子を見つけて食べた。

 ミニシュークリームと、生クリームと、キャラメルソースのコンビネーションが絶妙。とても美味しかったです。


 あと、黒大豆きなこプリンってのも、何日か前に食べました。

 こっちは、下に黒蜜が入ってて、きなこ味のプリンと混ぜて食べるというものでした。

 味は、まあまあといったところでしょうか。美味しかったんですよ、どっちかというと和風ですかね。

 この写真は、FinePixF30でコンビニの外の駐車場で、夜、店内から漏れてくる光だけで撮ったんですが、良く撮れています。というか、FinePixF30だと、すごく簡単にいい写真が撮れるんですねぇ。
 QV-40の時や、初代IXYなんかじゃ、考えられないほど高感度って、時と場所を選ばないで、楽にいい写真がとれます。今までだと、家に持って帰って蛍光灯の下で撮らないといけなかったんですが、その心配なくコンビニ出てすぐ写真とって、お菓子を食べられるんです。
 買ってよかったですよ。FinePixF30。
  1. 2006/12/25 (月) 23:08
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年12月24日(日) ◇ 横濱家 (食べ物)

 横濱家 みなみ野店に行きました。
yokohama1.jpg
 店内は広く、落ち着いた雰囲気。カウンターの他にもテーブル席もありました。
yokohama2.jpg
 ラーメン(600円)を頂きました。
 太麺で、この色なのですが、醤油とんこつ?というのでしょうか、少し白濁した醤油というのか。
yokohama3.jpg
 ラーメンを頂いた後、まだおなかに入りそうでしたので、単品でチンジャオロース(790円)を頂きました。
yokohama4.jpg
 横濱家みなみ野店では、単品料理を目の前で調理しています。中華鍋を振るってチンジャオロースを作っている姿が、カウンター席から、見えました。
 あつあつで、とても美味しかったです。意外と、レトルト温めただけという中華料理チェーンが多い感じがするのですが、横濱家みなみ野店は、違いました。
  1. 2006/12/24 (日) 23:39
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2006年12月23日(土) ◇ 原付の排気ガス規制って (考えたこと)

 原付に、排気ガス規制をかけるというか、規制がかかっているのかな。
 要は、海外生産が進むことに対して、排気ガスを少なくする技術を持ったメーカーで寡占をするために、そういう規制をかけるのだろう。
 だいたい、原付ほど排気ガスが少なくて燃費が良い乗り物に、排気ガス規制をかける事には、全く意味が無い。国内メーカーが、役人に貢いで、それで規制をかけてもらうという構図しかない。
 まあ、こういう規制って言うのは、特定メーカーの保護のためにやるのが普通なんでしょうね。今なら、乗用車とか、トラックの方がずっと環境を汚しているんですよ。それなのに、原付に規制をかける無意味さです。
 ホントに環境を守るなら、乗用車とか、トラックに今すぐ規制をかけなさいな。環境税でもなんでも、二酸化炭素を、窒素酸化物を出す量は、あっちのほうが圧倒的に多いんだから。
 電気自動車とかそういうものを、特定のメーカーが低コストで生産出来るようになったら、環境のための規制とかいって、ガソリン自動車に規制をかけるようにするんでしょうね。
 アメリカだって、京都議定書に調印しなかったりしてますけど、あれだって、自分の国が環境保護の技術を持ったら、一番に、環境保護のため絶対必要だっていって、それこそ軍事力でも何でも使って、環境保護の技術を使う事を他国に押し付けるでしょうね。

 クリスマスイブイブとかで、ラジオから流れる平原綾香の歌とか聴いてると、添削したくなりますね。
 「戦争なんて起こらなければいいのに」とか、「正義が勝てばいいのに」とか聞かされると、正義が勝つために戦争やってんじゃないの?と思いますよ。
 結局、戦争で、勝ったほうしか生き残っていない世界なんですよ。だから、自分の国が、そうやって戦争で相手を倒して生き残ったくせに、「戦争なんて起こらなければいいのに」なんて、自分は真上から見下ろすようなフレーズを歌い上げられちゃうと、自分が戦争と関係ないような、無責任さっていうんですか、そういうものしか感じないんですよ。
 自分と、自分の住んでいる社会、国、自分の祖先の歴史が、いかに自分の祖先たちの振るった暴力と血の上に成り立っているかを、認識していたら、あんな単純なフレーズは生まれてきませんよ。
 人間の業というんですか、性というんですか、戦争とか暴力っていうのは、そういうものなんですよ。
 正義は、勝った方の理屈の事です。歴史っていうものから、何を平原綾香は学んでいるんでしょうか。


 いや、究極言っちゃうと、エネルギー問題を巡ってテロとか、戦争が起こって、エネルギーを浪費して環境破壊をする国が滅びて地球の環境破壊が阻止されるっていうシナリオなんかを妄想するっていうのが、ちょっと前のSFアニメとか、映画で見られた世界観でしたね。

 ナウシカとか、未来少年コナンとか、ガンダムってそんな要素があったですかね。
 ナウシカの腐海っていうのは、それっぽいし、コナンなんて、核戦争後の地球っぽいし、ガンダムはコロニー落としですか。
 エヴァも、一応セカンドインパクトで、(あれって、テロっぽいですよね。そして、それを国が全部歴史を隠しちゃうところとかね。)
  1. 2006/12/23 (土) 23:18
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年12月22日(金) ◇ 夢のかけら (スポーツ)

 松坂大輔投手の移籍金が60億円(レッドソックス⇒西武)、年俸が6年で60億円(レッドソックス⇒松坂)、という訳で、松坂投手は、来年からメジャーリーグ、レッドソックスで投げることになった。

 強いプロ野球選手になりたいという、たくさんの人の夢があって、たくさんの人が夢見て努力したから、松坂大輔さんの夢が、かなったのだろう。
 たくさんの人が、集めていた夢のかけら。それを最後の1ピースまで集められたのは、松坂大輔さんにとっては、必然だったろうし、全体の側から見れば、集める人が増えて、全部を集められる人が発生する確率に達した結果だろう。

 いや、メジャーリーグで、60億円の契約を獲るっていうのは、そういう問題なんだと思います。それは、神を信じる人だと、自分と神の関係性で捉えて、「神のご加護」とかいうんだろう。

 けど、僕は、それは、たくさんの人が作った、成しえなかった夢のかけらが、必要な数だけ集まった結果と思う。
 ものすごい多い数の日本人が見た野球選手への夢とか、憧れ、努力が、松坂選手っていう現実のプレーヤーとして実体化したのだと思う。

 記者が、野球選手に、夢がかなったんですが、心境は?と聞くと、
 「夢っていうのは、実現しないもの、見ているもの。僕は、目標として実現できるものを、ひとつひとつクリアしてきただけ。」
 と、いうような答えが返ってくるという話を聞くと、確かに個人レベルではそうなんだよなぁ、と納得もする。

 僕的に、神なコメントを考えると、
 「僕がここまでこれたのは、みんなが見た夢があったから。みんなが見た夢のために戦います。」
 なんてコトです。
 まあ、こう言うのは、自分が「夢の頂点」だって宣言するのと同じですから、言わないですね。
  1. 2006/12/22 (金) 09:58
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads