FC2ブログ
| ◇ |

2006年10月04日(水) ◇ ガーナ戦感想 (スポーツ)

 走り負けというより、日本がどうやって点を取るのかが、見えてこなかった。考えて走るサッカーと言っても、ゴール前で、相手の身体能力が上回ってて、日本のチャンスがことごとく潰されていた。
 ゴール前で、いったかな、、と思っても、相手の足の方が先に延びてて、ボールを捕まえられない。走っても走ってもゴールにつながらない。
 失点も、最後、センタリングされた時点で勝負あり、一瞬の瞬発力で、抜かれてしまった。その前のミスで取られた時のが、痛い。どういう風にして勝つのか、よくわからない。
 なんか、選手ひとりひとりに、放送で字幕で標語をつけてるけど、なんていうのか、やろうとするサッカーがわかりにくいというか、見えてこないことの象徴なんだろうな。
 Jリーグの主力選手、巻、佐藤寿、播戸、我那覇などを、使うのも、初代表の選手が多いのも、今のJリーグのレベルを知った上で、4年後を見据えての采配なのだろう。Jリーグのレベルって世界相手に厳しいなぁ、そう認識させられました。
 それが、収穫ですか、、、。大丈夫かなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2006/10/04 (水) 23:16
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads