FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2006年10月12日(木) ◇ mixiは安全だろうか? (PC携帯ゲーム)

 mixi(ミクシィ)が、話題になることが多い。東証マザーズ上場をし、700万人程のユーザがいるとされるSNS最大のmixiだけど、最初からあれは、ちょっとどうなのかなと、疑問を持っていた。
 mixiは、参加者の素性が明らかになり、健全で安心感のある居心地の良いコミュニティを維持する目的で、<招待制>を採用している。
 しかしながら、メールアドレスと、「会員からの招待」があればいいことから、素性のわからない会員が多くいるといわれる。

 以下、mixiについて、客観的に論評しておこうと思う。

 一つ目は、mixi会員がmixiで閲覧した情報が、他のインターネット媒体に流出する事態が避けられない。さらに実名登録して、全ユーザーに閲覧を許可していれば、個人情報の巨大なデータベースとして機能する。

 二つ目は、実名登録していれば、どのコミュニティに属しているかわかり、そのコミュニティに、mixiの捨て垢を使えば、そのコミュニティに情報を書き込むことができる。
 これは、自分の知り合いにのみ情報が効率よく行き渡るルートが存在するといえ、情報還流ルートともいえる。

 これら二つの性質をまとめると、mixiで実名登録していると、mixi上に書いた個人情報が、インターネット上に流出することが避けられず、インターネット上に流出した個人情報があれば、自分のmixiコミュニティ(知り合い)に効率よく戻ってくるという、これまでありえない環境になる。

 実際、日記や写真は、マイミクだけに日記の閲覧を制限する事もできる。それでも、マイミクからの情報流出は防げない。マイミクにできる範囲は、狭い範囲に絞ることもでき、そうすれば、情報が流出する可能性を少なくすることもできる。

 しかしながら、mixiの魅力は、mixiの全ユーザに対して、顔や名前がわかる個人情報を公開するユーザがたくさんいて、その個人情報データベースがあることに尽きると思う。
 「健全で安心感のあるコミュニティを目指す」とか「招待制」というmixiの謳い文句に誘われて、mixiが巨大化して、数百万ものユーザがいても、「個人情報の集合体」=「コンテンツ」を作るユーザがいることが、mixiの魅力と思う。

 実際に、mixiの個人情報を利用して、別ルートから流出した個人情報の検証と確認が可能で、それがネット上の匿名掲示板で行われた。
 さらに、別ルートで流出した個人情報が、mixiの関係コミュニティに書き込まれるという事態も発生した。また、個人情報を流出させた本人でなく、流出した写真に撮られた知人が最も大きな被害者になっているのも、特徴的といえる。

 インターネット(某巨大匿名掲示板とダウンローダー)に流出する事が防げない環境に、個人情報(顔写真や日記)などを実名掲載する危険性を、改めて認識させられた。

 mixi運営としては、できるだけ無かった事にしたいんだろうなと思う。個人情報に絡むだけに、マスコミでほとんど報道されない。(この記事でも、個人情報に関わる固有名詞は、社名であっても、避けておこうと思う。)mixi会員の多くは、起きた事に気が付いていないとも思われる。

 巨大化するmixiが、どうなっちゃうのか、何がおきるのか、注目される。
  1. 2006/10/12 (木) 14:20
  2. | トラックバック:12
  3. | コメント:0

2006年10月07日(土) ◇ 山本モナさん、がんばって!! (考えたこと)

 TBSテレビ「NEWS23」のキャスター、山本モナさんが、体調不良のため、番組を休んでいる。
 民主党の細野豪志衆院議員(35)との不倫報道があり、心労のためといわれている。
 民主党は、6日、細野豪志衆院議員が提出した政調会長代理職の辞表を受理して、この問題に一応の決着を図った方向だ。

 それはともかくとして、うちの家族が、「みんな辞めたのに、なんで、筑紫さんだけが、番組に残ってるんだろうね?。」と聞いてきた。
 「久米さんともTBSは交渉してるんだろうけど、筑紫さんが久米さんに対抗してギャラをまけているのか、久米さんとのギャラの折り合いが付かないのか、どっちにしても、筑紫さんのギャラが久米さんの半分くらいなんじゃないかなぁ。」と、うちの家族に答えておいた。
 そういえば、今日、TBSラジオでは、「久米宏 ラジオなんですけど。」という番組を始める。小堺さんのサタデーヴィズが終了して、その後番組なんだけど、土曜ワイドを降りてから20年ぶりのラジオ復帰だという。
 どうも、久米さんのこの復帰と、TBSラジオ「アクセス」の山本モナの後釜に、渡辺真理がなったのは、セット売りぽく、(久米と渡辺真理の所属事務所が同じオフィストゥーワン。)あれ、山本モナの名前がまた出てきたんですが、気のせいです。
 まぁ、このラジオは、久米さんにとっては、筑紫引退→久米後釜の布石でしょうから、それにしても、山本モナがコケたのは、久米サイドにとってはラッキーでしょうね、安く使った山本モナ効果で数字が取れれば、筑紫さんが生き残るでしょうから。
 クリステルに対抗で、山本モナだったんですけど、フィールドキャスターっていう、外回りな役目って、山本モナのハーフの魅力を画面で表現するには、ちょっと違う感じもします。
 山本モナのエキゾチックなお顔立ちを使うには、スタジオですよねぇ、、、どう考えても。
 それにしても、モゴモゴしながら老人臭を漂わせてる筑紫さん、いつまでニュースやってるんでしょうか。

 あれ?タイトルと違うって?、いやまあ、筑紫と久米の世代争いが繰り広げられる中、山本モナはこの騒ぎの中でも、テレビに出続ければ、数字になるし、TBSとしては狙いとちょっと違いますが、結果良ければといえると思うんです。
 そういう意味でも、体調が良くなったら、即復帰してもらいたいですね。外回りは厳しいでしょうから、スタジオのニュース読みで復帰させるのが一番なんでしょうけどね。

 そうそう、だから、このTBSに外回りで冷遇されている山本モナさんガンバレなんですよ、結論は。
  1. 2006/10/07 (土) 11:06
  2. | トラックバック:17
  3. | コメント:66

2006年10月06日(金) ◇ ミリオネアと、うたばんと、黄金伝説 (考えたこと)

 「最近のテレビは、2時間とか3時間のスペシャル番組ばっかりだね。」とうちの家族が申しますので、
 「ほら、1時間番組を2本撮って毎週流すより、2時間番組にしちゃって、今週も2時間スペシャル、来週も2時間スペシャルって、やれば、予算がかからなくてスペシャルにできるから。」と答えておきました。
 そんな、スペシャル番組が多い秋の改変期ですが、昨日は、ミリオネアもスペシャルでした。
 ダヴィンチのモナリザの右手がどこにあるか、という問題が出て、回答者がテレフォンで電話先に聞いていました。
 うちでは、グーグルで、「モナリザ」でイメージ検索かけたら、即モナリザの画像が表示されたので、右手の位置もすぐわかりました。
 テレビに映るテレフォン先の人も、パソコン前に座ってたのですが、なんか要領が悪いのか、時間切れになっているようでした。
 あの番組は、問題作る側も、ネットで検索されることは想定済みで、すぐに検索できるような問題は、テレフォンでネットで調べて当ててねっていう、意図が入っているとも思えるのですが、いかがでしょうか。

 うたばん10周年スペシャルが、面白かったですね。中居君の歌って、聞いてるだけで笑えるというか、声があんなふうに普通かすれないというか、かすれさせられないです。ものすごい笑えました。とんねるずの歌がうまいのと、スマップのカラオケボックスを楽しめたのって、歌番組らしくていいですね。間のちゃんと撮った新曲が、つまらなく感じたのは、私だけでしょうか。

 あと、よゐこ濱口が、海に潜り、とったどーをで連発するのも、少しマンネリ気味でしょうか。まあ、節約生活もあれをやらないわけにはいかないのでしょう。

 そうそう、最近30分番組が少ないのも、それなんですよ、予算がない割りに手間がかかるからで、どうせなら、だらだらスタジオトークとか、ロケで、回したのを1時間以上やった方が、大道具組む予算がかからないし、みたいな。
 アタック25とか、新婚さんいらっしゃいなんて、あれ、何本撮りしてるんでしょうねぇ。朝から晩まで、収録30分、休憩15分で、12本撮りとか、そうすると3ヶ月分か、、、、その位撮るんでしょうね、あれは。
  1. 2006/10/06 (金) 11:22
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年10月05日(木) ◇ NEWS ZERO (考えたこと)

 日テレの夜中のニュースを見てたら、すごいことになってた。
 日テレのNewsZeroは、真っ白のセットで、パステルカラー(緑の蛍光色)のスーパーインポーズが入ってて、目がチカチカした。
 ザッピングしながら見てた、滝川クリステルのニュースジャパン(フジ)が、茶系統の落ち着いた雰囲気を醸し出してるのと対照的な、日テレのニュースのパステルカラーって80年代かって、、。
 せっかく小林麻央ちゃんを呼んで来ても、真っ白なセットで顔色が悪く見えて、かつ平面的なライティングじゃ、小林麻央ちゃんの魅力が生かされていないといったところです。
 伊集院光が、ポッドキャストで、「ニュースジャパンのセットの中にいる滝川クリステル」がエロいって言ってたけど、あのセットの色合いとライティングは、時間帯といい、滝川クリステルをほんと、きれいに撮ってるよなぁと、改めて感心しました。
 あと、NEWS ZEROは、カット割りも酷いなぁ。もっと小林麻央ちゃんのバストショットを多用しないと、いけないですよ。

 滝川クリステルなんて、バストショット多用、男性キャスターは奥に小さく配置して、滝川が遠近感で視聴者に近い感じを表現したり、セットは茶系統の落ち着いた色合いにして、立体感のあるライティングを使って滝川クリステルを浮き立たせたり、滝川専用の上からなめるカメラまである。
 クリステルをいかにきれいに撮るか、工夫がものすごいですよ。日テレは、フジの爪の垢でもせんじて飲めって思いましたよ。
  1. 2006/10/05 (木) 00:51
  2. | トラックバック:7
  3. | コメント:1

2006年10月04日(水) ◇ ガーナ戦感想 (スポーツ)

 走り負けというより、日本がどうやって点を取るのかが、見えてこなかった。考えて走るサッカーと言っても、ゴール前で、相手の身体能力が上回ってて、日本のチャンスがことごとく潰されていた。
 ゴール前で、いったかな、、と思っても、相手の足の方が先に延びてて、ボールを捕まえられない。走っても走ってもゴールにつながらない。
 失点も、最後、センタリングされた時点で勝負あり、一瞬の瞬発力で、抜かれてしまった。その前のミスで取られた時のが、痛い。どういう風にして勝つのか、よくわからない。
 なんか、選手ひとりひとりに、放送で字幕で標語をつけてるけど、なんていうのか、やろうとするサッカーがわかりにくいというか、見えてこないことの象徴なんだろうな。
 Jリーグの主力選手、巻、佐藤寿、播戸、我那覇などを、使うのも、初代表の選手が多いのも、今のJリーグのレベルを知った上で、4年後を見据えての采配なのだろう。Jリーグのレベルって世界相手に厳しいなぁ、そう認識させられました。
 それが、収穫ですか、、、。大丈夫かなぁ。
  1. 2006/10/04 (水) 23:16
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads