FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2006年10月24日(火) ◇ 奈良県の妊婦死亡について (考えたこと)

 うーん、難しい問題なんだけど、ワイドショーで見た感想をいうと、脳出血になった段階で、命は医者だって保証できないと思った。
 涙ながらに、亡くなった妊婦の夫が、意識がなくなってから放置されていた、みたいな事を言ってた。
 でも、妊婦の方に、簡単にCTスキャンとかで、放射線を当てられないだろうし、CTで、脳出血ってわかっても、、救えるのは当然とは考えられない。
 脳出血になった時点で、それが救えるかどうかっていうのは、医療体制のレベルに関係して、さらに、今回の場合は、妊婦なので、周産期医療体制っていう、より高度な医療体制が、完璧に整っている場合に限られるらしい。
 奈良県内では、周産期医療体制に対応できる量が少ない、そういう事も頭に入っていたと思える。そういう背景では、CTスキャンをしない、しても救命につながらないと考えるのも、理解できる。

 僕が読んだブログ「新小児科医のつぶやき」だと、こういう騒動がマスコミで流れると、病院は、「防衛医療」=「医療訴訟を避ける目的で、致死リスクの高い患者の受け入れを拒否したりする。」を、より徹底するという事が書いてあった。

 医者とすれば、周産期医療体制が整っていない中で、患者を受け入れることはできないし、そういう医療体制を24時間維持するのは、個々の病院や、医者ができるレベルを超えたお金や、行政のバックアップ体制が整った場合に限られるらしい。
 それは、医者なんだから当然救える命というものではなく、個々の医者や病院ができるレベルを超えたお金をかけて、それでも、救えるか救えないかわからないという命なのだろう。

 命っていうのは、どんなにお金をかけたって、医者が治療したって、救えることもあれば、救えないこともある。その当然の事の認識が必要だと思う。医者だから、絶対ミスはないというのも、ありえないと思う。
 脳出血ていう病気は、普通の人じゃ絶対に救えないのが、医者なら救える可能性が随分高いというものじゃないかと思う。

 高度な医療になればなるほど、ミスが増える可能性が高くなる。それだけ、命を救うのが難しいということと思う。だから、医者や病院を選ぶことは難しいと思う。
 それでも、命が惜しいから、医者を選ぶのだと思う。
 自分で医者を選んでいて、その治療結果が受け入れられない、、それは、医者を選んだ自分の責任の放棄じゃないかとも思う。
  1. 2006/10/24 (火) 00:51
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年10月23日(月) ◇ 今日はNTT西日本のひかり電話がつながらない (PC携帯ゲーム)

 NTT西日本の「ひかり電話」に、2006年10月23日の朝から大規模障害が発生しています。
 まったく、どういうものか、NTT東日本でも同様の大規模障害が、先月あって、3日ほど使えなかったばかり。
 先月も書いたけど、ひかり電話は、まだ数十万のユーザを抱えて何年もサービスを維持した実績のないサービスです。そんなものに、固定電話の安定性を捨てて移るなんて、考えられないです。
 うちにも、おとといだったか、Bフレッツの勧誘の電話がかかってきましたね。代理店に金をばら撒いて拡大をはかるNTTの手法、ひかり電話の不安定さを知りながら勧誘し続ける代理店、とても信じられません。

 おととい、ひかり電話の代理店から電話があった時は、説教してやりました。
 「あなたは、ひかり電話で、先月に3日も電話がつながらなくなったこと知ってるんだろ、それでいて、こんなものを売るなんて、自分の良心が痛まないのかい?。」って。
 そしたら、「NTTの方できちんと原因を調べて対策を取りましたから、大丈夫です。」とか言っていた。
 僕:「あなたね、アナログ電話なら、全くリスクないんだよ、それが、ひかり電話にすれば、3日もつながらなくなるのが、つい一ヶ月前にあったばかりなんだよ、そんなリスクの高いものを、わかってて売るのかい?。自分で、使える?、3日も電話がつながらなくて?」
 代理店:「僕は、Bフレ使ってますけど、固定電話はほとんど使わないんで。」
 僕:「ふーん、まあ、光電話、Bフレに興味がないのわかったでしょ?、切るからね、こんな電話。」

 代理店の連中は、良心のかけらもないんだなぁ。
 そういえば、おととい辺りから、BフレのCMまたうち始めたみたいだねぇ。また、中断だね。
  1. 2006/10/23 (月) 15:58
  2. | トラックバック:6
  3. | コメント:0

2006年10月19日(木) ◇ 新井麻希アナ、がんばって! (考えたこと)

 TBSのアナウンサーって、英語がしゃべれる人を採用する傾向があると思います。
 TBS入社2年目の新井麻希アナウンサー。
 TOEIC(950点)で、出身高校: 慶應義塾NY学院 出身大学: 慶應義塾大学 法学部 という帰国子女。
 新井麻希アナは、現在、TBSラジオ「エキサイトスタジアム」のアシスタントを務めています。この進行は、一度聞いてみる価値ありです。

 10月17日の放送では、エンディングで、メインパーソナリティのプロ野球選手に、「グダグダな放送で、申し訳ありません。」と謝らせてしまいました。
 新井麻希アナの特徴は、進行に滑らかさがない、交通情報のBGMが流れているのにFAXを紹介しようとする、簡単な漢字を読み間違う、相槌がおかしい、等アナウンサーらしからぬ、これって研修中?と思わせるような放送になってます。
 「エキスタ」水曜日の白井京子さん、土曜日、日曜日の青木真麻さんとアナウンス技術を比較すると、比較になりません。

 TBSはまず、日本語の小学生レベルの漢字読みを、新井麻希アナにお教えしないといけないでしょう。慶応大学卒業なら、日本語の小学生レベルの漢字読みなら、当然できるという風に、タカをくくってるのでしょうが、実際、新井麻希アナは米国育ち、ニューヨーカーなので、小学生レベルの漢字読みを間違えることがよくあります。
 在京民放テレビ局の女子アナっていうと、もう、すらすらと流れるようなきれいな日本語が使える、、と考えがちですが、TBSの方針では、女子アナは英語が喋れるなら、日本語の読みが不得意でもOK。アナウンス技術は育つけど、英語は特技だし、後から覚えられないという基準のようです。
 「Jスポ」から、ラジオに振り分けられた訳で、局アナとして採っちゃった以上、仕事を割振らないといけないということなのでしょう。

 ラジオ生放送は、やり直しが効きません。
 せめて、「ゲストの方に失礼のないように。」「放送事故にならないように。」「提供クレジット読みがちゃんとできるかな?」そんな願いをリスナーに抱かせる、そうスタッフも願ってるだろうなとリスナーに思わせる、そんな新井麻希アナ。
 TBSラジオ954の エキサイトスタジアム:(火・木)17:50~19:00 で、活躍中です。一度聞いてみてはどうでしょう。
 新井麻希アナ、がんばれ!!
  1. 2006/10/19 (木) 13:45
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:7

2006年10月16日(月) ◇ とろふわプリン (食べ物)

 森永のとろふわプリン。何日か前に、セブンイレブンで見つけて、食べてみました、、、はまってます。
 あま~~いカスタード味のプリン、とろとろしていて、カップから食べるプリンです。パステルのプリンって、食べたことないけど、こんな感じかもしれません。毎日、セブンイレブンに行って、楽しみに食べています。この味の割には、115円くらいだったか、安いのです。おかげで毎日食べてもお財布にやさしいのもうれしいです。
 TVチャンピオンの中高生お菓子作り選手権で優勝した、柳迫さやかさんが開発したプリンだそうで、パッケージにも大々的に書いてあります。
 一回だけマロンも食べたのですが、マロンは、、カスタードに比べると、インパクトが薄くて、やっぱり、カスタードです。
  1. 2006/10/16 (月) 17:13
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0

2006年10月14日(土) ◇ 批判してくれる人がいなくなったら、探してでも見つけなさい。 (考えたこと)

 「批判してくれる人がいなくなったら、探してでも見つけなさい。」
 「超」名言だと思う。
 批判する人をどんどん叩き潰していくことで、出世レースに勝ち残れる。
 批判してくれる人がいなくなるっていう状態は、そうやって、目の前の敵対勢力を、叩き潰して得られる。
 敵対勢力を叩き潰した後に、自分を批判する人がいなくなったと思っても、安心しないで、常に叩く敵対勢力を探しなさいということ。

 小泉元首相が言っていた、「抵抗勢力」って正にこれです。自分を批判する人を「改革に抵抗する勢力」って位置づけて、刺客を送って息の根を止める。自分を批判する人を、理論とか、議論で納得させるんじゃなくて、叩き潰すというやり方。

 この「批判してくれる人がいなくなったら、探してでも見つけなさい。」っていうのは、他人の批判に耳を傾けなさいともとれます。

 ただ、実際世の中、自分を批判する人ばかりです。「自分」は、批判があっても変わらないし、変われるとしても、変われる量、質に限界があります。
 ですから、自分を批判する人がいなくなるっていうのは、批判する人、批判の量を減らし、質を変えるしかありせん。
 そういう批判の量、質を減らし変える努力を怠らないこと、その為には、批判する人を見つけておく必要がある、そう受け止めるのが、正しい解釈でしょう。
  1. 2006/10/14 (土) 12:16
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads