FC2ブログ
| ◇ |

2006年09月21日(木) ◇ ひかり電話は、つながらない。かけられない。それって電話? (PC携帯ゲーム)

 「ひかり電話」の安定提供に向けた通話の事前制御の実施 をしていると、NTT東日本は、9月21日9時にリリースしている。この文言には、「不具合」という言葉を使わないようにしようという意図が感じられる。

 正しい状況の説明は、
 「ひかり電話」の通話設備不具合と、「ひかり電話」の大規模通話制限について。
 だろう。80万台以上の「ひかり電話」が、満足に通話できないのは、通話設備の不具合以外の何物でもない。

 あと、マスメディアで全くといっていいほど、この問題をやらないのは酷い。スマップのCMで嫌というほどフレッツ光のCMを売っているマスコミは、大広告主のNTT東日本のトラブルについて、なんら問題にできない。大広告主のトラブルでは、視聴者に正しい情報を流さない事が、よくわかる。

 新しいサービスには、トラブルがつきものだと思う。ただ、トラブルの現状について、正しい認識をして、正しいリリースをすることは、最低限のユーザへの礼儀といえる。それすらしないNTTの姿勢は、ユーザへの信義に反する行為といえよう。

 「ひかり電話」で満足に通話できない状況が続くなら、NTT東日本自らが、サービスの対価の返金や、希望するユーザのアナログ回線への早急な変更、その際の変更費用をNTTが負担する、などの抜本的な対策が講じるべきだろう。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/21 (木) 12:35
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads