<< 前の記事 | ◇ |

--年--月--日(--) ◇ スポンサーサイト (スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- (--) --:--

2006年09月29日(金) ◇ 菊間アナ、10月から「とくダネ!」のリポーターに (考えたこと)

 菊間アナが10月から「とくダネ!」のリポーターとして出演することが明らかになった。28日、フジテレビの村上光一社長が、記者会見で発表した。
 レギュラー復帰ですか、菊間アナ。内博貴との飲酒問題で事実上の謹慎処分を受け、11月に深夜番組に出演していた。
 これまでは、深夜枠や、ネプリーグの回答者など、ごく限定的にテレビ出演していた菊間アナだったが、内博貴との飲酒問題後、本格的なテレビ復帰となる。
 一方の内博貴は、芸能活動を再開していないにもかかわらず、菊間アナは本格的テレビ復帰をする。このことは、大きな反発を招きそうだ。

 菊間は、ジャニーズ事務所や、ファンにかけた迷惑、事の重大さ、社会人としての責任を自覚しているなら、潔くフジを辞めて出直すべきだろう。にもかかわらず、何千万もの高給を取っている。
 その上、内博貴が復帰前にテレビ復帰とは、菊間は全く反省していないといわれてもしかたあるまい。

 今は、ネット時代だから、直接フジテレビ「とくダネ!」へのメッセージが簡単に送れる。意見のある人は、送ってみるのも良いだろう。
<フジテレビへのメッセージはこちらから>
スポンサーサイト
  1. 2006/09/29 (金) 08:52
  2. | トラックバック:3
  3. | コメント:1

2006年09月27日(水) ◇ ブログの立ち位置 (考えたこと)

 どのブログを見たっていいんだけど、どのブログも、自分にためになる事が書いてある訳じゃない。むしろ、自分の考えと、ブログに書いてあることが違う訳で、その違いを楽しむと言うことになるのだろう。

 僕は、自分自身の考えと、僕がブログに書いた内容との違いに驚くことがある。文章としては、ここをこう書いておくと、成立するっていうのと、なんか自分の考えていることとのギャップをふと、感じることがある。
 書いたことっていうのは、書かれたっていうことで、自分の責任なんだけど、書いてしまったモノっていうのは、論理のロジックに縛られていて、自分の手を離れて独立していたりする。
 むしろ、論理のロジックとして、かくあるべしと言う方向に傾いちゃうと、そこまで、普段自分が、きちっとした物言いを普段してるのか?という疑問もでるくらいになっちゃう。
 それはそれで、いいんだけど、違和感が残る時もある。

 ただ、ブログライブについていえば、マスコミ(テレビ、新聞)とかが、世論をリードするために、故意に触れない部分があれば、それを書いていきたいと思う。
 そこには、ブログライブが、ブログとして得られる事があると思う。読者が、マスコミが隠蔽する論理の展開や、事実の指摘、考え方に、ブログライブで触れられれば、それはそれで、良いことだと思う。
 こういう系統のことは、あまり長く書いてもつまらないので、この辺で終わり。
  1. 2006/09/27 (水) 10:17
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年09月27日(水) ◇ 桑田真澄さんが、巨人退団を決める (スポーツ)

 桑田真澄さんの「ラスト」登板が先週の日曜によみうりランド球場で行われた。
 桑田真澄さんは、他球団での現役続行意思があることを表明していて、今年で「現役引退」かどうかは、他球団のオファー次第ということになっている。
 きれいに引き際をきめる新庄や、王、長嶋、原などと、どこの球団に行っても現役を貫く、野村などのタイプがあると言われるが、桑田真澄さんには、前者のきれいな引き際をきめてほしかった。もし他球団に買われないという形で、野球をやめることになったら、それは、悲しいことだろう。

 かつて王監督は、「1年で50本ホームランが打てる選手が、30本しか打てなくなった、それで引退した。もともと、30本しか打てない選手だったら、別だろうけど。」と、語った。
 偉大な選手ならばこそ、自らがあるべき姿について、より厳しくなり、全盛時の姿をファンの記憶に焼き付けるために、ユニフォームを脱ぐという「引退」が積極的な選択になる。

 2年で1勝という今の桑田真澄さんの成績からからすると、このまま現役を続けて、200勝まで勝てるかどうか大きな疑問が残る。そういう姿をファンの前に見せ続けても、現役(年棒)と200勝への未練しか感じられないと思う。
 他球団からのオファーがくるかどうか、微妙な状態だし、それだって、それだけ実力が落ちたことの証明なんだろう。そういうコトをファンに考えさせてもらいたくなかった。

 してみると、新庄はホントに頭がいいというか、スターだっていうのか、まだレギュラーでやっているうちに、「引退」するという。「引退」ってのは、こういうファンに惜しまれながら、辞めてゆくのをいうのだなっていう、演出まで自分でするわけです。
 他球団が欲しがっているうちに辞める。それが「引退」ですよね。
 他の球団が欲しがらなくなったら、「廃業」です。華がないな、、。
  1. 2006/09/27 (水) 08:38
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年09月26日(火) ◇ 金村曉さん、他球団へ行こう (スポーツ)

 金村曉さんの気持ちがよーくわかる。規定投球回数、二ケタ勝利、それらがかかったマウンドで、あとアウト一つで代えるなんて、ヒルマン監督がどうしょうもなく悪い。今まで鬱積してきた監督への不満がここで爆発したんだと思う。
 ヒルマン監督のエース金村曉に対する処遇はひどい。あんな代え方をするなんて、エースに対する処遇じゃない。エースっていうのは、チームの運命を任せたっていうそういう投手なんですよ。それを、まだ、勝っている段階で交代させるなんて酷い。
 それに、今回の処分はどういうことだろう。プレイオフに出場させないって、、優勝を決める一番重要な試合、これは、事実上の戦力外通告と同じじゃないですか。ひどい、ひどすぎる。
 こういう溝ができてしまった以上、ヒルマン監督と一緒にできないと、はっきり他球団への移籍を希望したらいいと思う。サラリーマンじゃこうはいかないんだけど、金村曉さんには、どの球団でも通用する実力がある。
 ぜひ、金村曉さんのこれからの頑張りを期待したい。
  1. 2006/09/26 (火) 11:36
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年09月24日(日) ◇ グランツーリスモHD (PC携帯ゲーム)

 グランツーリスモHDを12月に発売するようだ。今回一番の目玉は、コースとか車種をネットで販売するということと、価格を安く設定するということだろう。
 要は、完全な形になってから、パッケージで販売するのではなく、常にネットから最新のファイルをダウンロードするという、形態をとれるということだろう。
 PS3にハードディスクが標準搭載されることで、初めてこういう形態が取れるのは大きい。一つは、バグが完全になくなるまでメーカーでテストする手間と、時間がかからなくなって、ユーザーで早く最新のゲームが遊べるということだと思う。
 今までは、GT4の場合でもかなり大規模なソフトだったので、開発が終わって商品として出せる頃には、PS2の普及が終わりに差し掛かってたのが、PS3の場合は、PS3の発売とかなり近い時点で、出せて、しかも、そのアップデートを随時行えるというメーカーにとっては、とてもありがたい事になる。
 まず、早くソフトを出せて、ある程度の収益が上がる、そして、開発を進めていくと随時収益が上がる、今まで光ディスクで、開発中は全く収益が上がらなかったのとは、全く違うビジネスモデルになる。このビジネスモデルの変化のためには、PS3にハードディスクを標準で積むことは必須の要件だったのだろう。
 あと、PS3の値下げ後の価格について言えば、ハードディスクの追加コストで、1万円高くなったと思えば、PS2の発売時と同じ価格で出したとも言えるようになったのは大きい。うちのPS2にも、FFXIをやる関係上、ハードディスクを追加している。
 もし、PS2単体としてみても、メモリーカードを買わなくちゃ実際遊べないとみると、PS2+メモリーカードの最初の価格に、PS3の価格が、ほぼ近くなってきている。
 PS3が、ハードディスクを内蔵してて、メモリーカードを買わなくても済むコトを考えると、コストパフォーマンスは、PS2の発売時と同様といえるだろう。
 それは、PS2と同様の成功にかなり近づいたと、思われる。
  1. 2006/09/24 (日) 14:08
  2. | トラックバック:4
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。