FC2ブログ
| ◇ |

2006年08月31日(木) ◇ トリプタンと偏頭痛 (考えたこと)

 偏頭痛に悩まされてきたのは、どれくらい昔からかというと、小学生くらいから、ずーっとといっても良い。
 よく思い出すと、大人になっても収まらなくて、時々(これがやっかいで、忘れた頃に頭痛になったり、仕事や勉強でストレスを感じたり、実際そういう時は忙しい時だったり、上司にいじめられていたりした時だったり、。)ずきずき痛んで、イライラするのを、思い出す。また、朝起きると、頭痛が酷くて、仕事を休んだりした。同僚に休んだコトを皮肉でいわれたりしたのも、辛かった。

 今日、近所の病院に行って、「偏頭痛で痛いんで、トリプタン出してください。」って言って、イミグラン錠50を出してもらった。その時には、8月10日に、やっぱり頭痛で痛くて、別の大きな病院に行って、CT撮ってもらったりして、その時に出してもらったアスピリン系の鎮痛薬の説明書を見せた。
 医者が、「クリアミンにする?イミグランにする?」と聞いてきたので、どっちがいいかわからなかったので、「両方出してもらって、飲み比べてみたい。」といったら、「そんなわがままいって。」とたしなめられた。
 うちに帰って、wikiで偏頭痛で調べてみたら、クリアミン(酒石酸エルゴタミン)とイミグラン(トリプタン系)は、同時に服用できないと書いてあった。なるほどと。
 あと、医者は、最初「クリアミンにしますか?」と聞いてきたので、「トリプタンで、」と、何回か言った。どうも、医者は、クリアミンを出したかったみたいだ。こっちが、トリプタンくださいって、お願いしてたのに。実際、医者にいったときは、頭が痛くて、「トリプタン」だけを覚えていって、実際の薬の名前まで覚えていけなかった。他の薬の名前まで知らないですよ、なのに、そういうトリプタンじゃない薬とか説明なしに、ただ、別のクリアミンの名前の名前だけ言って、そっちにしますかっていう。

 で、うちに帰ってから、イミグラン錠50を一錠のんだら、1時間くらいで、頭痛が収まった。ほとんど完璧。信じられないくらい、スッキリした。飲んだ後1時間後位に、ちょっと眠いなあと、ぼーっとなっただけで、1時間半くらいで、眠気も収まってきて、痛みも眠気も消えた。すごい、さすがに偏頭痛の特効薬といわれているだけのことはある。今まで、この薬にめぐり合うまで、セデスとかアリナミンとか飲んでいた時のコトを考えると、やっと、めぐり合えた喜びを感じた。

 いや、医者に行って、「トリプタン」出してって、言ったことは今までなかった。そうすると、アスピリン系の鎮痛薬とか筋弛緩剤とかしか出てこなかった。偏頭痛だと思うとか、頭痛持ちで、2ヶ月に1回くらい頭痛になるって言っているんだけど。
 ネットで、「トリプタン」が、頭痛の特効薬だって調べて、自分で医者にリクエストして、初めて出てきた、、、。
 医者に薬の種類を言ってよかった。医者に行っても、偏頭痛だといっても、欲しいと思う薬を出すということはない、と思った。
 要するに、医者の薬の処方としては、頭痛には幾つか候補の薬があって、そのうちのどれを出しても、別に間違いじゃないということのようだ。
 自分でネットできちんと調べて、医者にこの薬を出してくれと言わないと、体のためにならないと思った、、いや、ここまで来るのが、大変だったなぁ、。
  1. 2006/08/31 (木) 14:30
  2. | トラックバック:4
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads