FC2ブログ
| ◇ |

2006年03月19日(日) ◇ WBC準決勝後 日本勝利で決勝進出 (スポーツ)

 いや、福留ですね。あの一振りで、全て流れが変わりましたね。ここまで、6連勝してきた韓国の流れが完全に止まって、日本に一気に傾きましたね。
 上原が、完璧に韓国を抑えて、韓国のソ・ジェウンも、負けじと日本の打線を抑えて、緊迫したまま、5回まで投げてました。
 一番韓国の采配で???だったのは、福留にホームランを打たれたキム・ビョンヒョンを小笠原、里崎と投げさせたところ。明らかにピッチャの精神状態がおかしくなってたので、福留のホームランの直後に代えても良かったのではと思われましたが。
 まあ、日本にとっては、あれでよかったので、無問題ですが、2点で抑えられてたら、流れがあれだけ日本に傾くこともなかったかなと。まあ、小笠原が死球、暴投で2塁に進んで、里崎のエンタイトル2ベースで、3点とって勝負あったって感じでしたね。流れが出来ちゃいましたから。
 野球ってホントにメンタルなスポーツだと思うなと。ここまで、何とか抑えてきた韓国リリーフ陣が、このあと、こらえきれなくて、負けを覚悟したのかなぁ、特にこの回、球が走らなくなったように見えました。まあ、次の宮本のレフト前タイムリーで、4点目が入ったのは、前のピッチャが残したランナーだったからねぇ。
 まあ、ホントに、福留の一発が、韓国のリリーフ陣を精神的に打ちのめしたのが、勝因ですねぇ。
 あれで、魔の8回も日本の薮田がが精神的に楽に投げられたし、ホント、あの一発ですよ、福留の。
 あんなすごいホームランって、なかなかないですよ。
スポンサーサイト



  1. 2006/03/19 (日) 19:47
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0
| ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads