FC2ブログ
<< 前の記事 | ◇ | 次の記事 >>

2006年03月27日(月) ◇ 尊厳死 (考えたこと)

 富山県射水(いみず)市の射水市民病院で、患者7人が人工呼吸器を外され死亡したとされる問題が報道されている。
 報道では、人工呼吸器を外すことに、患者の家族の同意があったかどうかについて焦点を当てている。
 
 今日のブログでは、延命医療、または、人工呼吸器というものについて考えてみたい。
 なお、私は、医者でも、医療関係者でもないので、間違っていることがあれば、コメントなりで指摘してもらいたい。
 
 医者の見立てや経験から、人工呼吸器をつけていれば、患者の体が弱っていき、数年間生き続けて、全身に衰弱が至り、死を迎えるという場合があると思う。
 
 まず、その患者が入院先に運ばれた時は、人工呼吸器がなくても、生きていて、人工呼吸器を外すことと、患者の死とは結びつかないと思う。
 それが、時間の経過を経て、人工呼吸器をつけて、容態を見ているうちに、回復して人工呼吸器がない生活に戻れる場合と、人工呼吸器がない生活に戻れなくなる場合が、生じるのだと思う。

 回復する力があって、健康になりましたねと、退院できる場合と、意識が戻るか戻らないかくらいで、人工呼吸器がないともう、24時間命が維持できなくなる場合である。

 後者のような人工呼吸器をつけたまま24時間過ごす状態が数ヶ月続いた場合、患者がさらに弱っていった場合、患者の家族や、医者も、人工呼吸器を外せば、それが、死と結びつくという事を、肌で理解するだろう。そうなれば、人工呼吸器を外せないということを実感するだろう。

 ただ、この間には、隘路がある。

 患者が人工呼吸器をつけて間もなく、まだ、患者の家族が人工呼吸器がなければ、患者が生きられないと、はっきり認識してない頃に、人工呼吸器を患者の体に負担がかかるのでつけられないので、外しますが、全ての治療について同意してくれますか?と聞いて、同意を取るということがある。
 そして、人工呼吸器を外す。患者は、近いうちに死亡する。
 
 要するに、患者の家族の意識で、人工呼吸器と患者の命の維持が強く結びつく前に、医者の判断で、<全ての治療について=人工呼吸器を外すかどうか> について、家族から同意をとるということである。
 
 実際、この隘路は、常套手段になっているのではないかと思う。これが封じられると、家族は、人工呼吸器で延命される親族と何年か付き合う事を選択することになるのである。
 
 多くの医者が、この隘路を常用しているから、延命治療についての議論が深まらないのではないかと思う。
 医者自身は、自分は、十分な治療をしているので、犯罪に問われるようなことはないですよ。というポーズをとることと、現実に毎日向き合う選択で用いる、この隘路の利用は、両立するのである。

 東海大学安楽死事件 では、平成7年に横浜地裁が、安楽死の要件を示している。
(1) 患者に耐えがたい激しい肉体的苦痛がある。
(2) 死が避けられず、死期が迫っている。
(3) 肉体的苦痛を除去・緩和する方法を尽くし、他に代替手段がない。
(4) 生命の短縮を承諾する患者の明示の意思表示がある。
 
 というが、これは、どういうことなんだろうか。
 要するに、延命処置を図れば図るほど、入院が長期化して、死ぬまでの期間が長くなる、そして、治療期間が長くなる、それが、耐え難くて激しい肉体的苦しみでない限り、医者は積極的に安楽死させられないし、患者も我慢しなさい、ということなのだろう。
 
 これでは、患者は、生きていけないだろう、少なくとも希望を持って生きられないだろう。
 なぜなら、「安楽死」の要件、それは、「死」の要件を示しているだけで、それは、生きる事、「生」の意味を示していないからである。
 
 いや、はっきり言って、人工呼吸器が、「生」を継続的にしていくための必要条件になった場合、
 意識がある場合は、それでも生きるべきか、悩むだろうし、意識が戻らない場合は、周りが、この「生」が意味あるかどうか悩むだろう。
 法律でも、人を殺すことは、殺人だし、自殺は自殺だし、自殺幇助は自殺幇助だけど、「生」の意味について、法律は触れていません。
 
 例えば、他人の心臓を移植すれば、生きられるという赤ちゃんがいて、その心臓をもらいにアメリカに行くという場合があるとして、想像するに、その心臓って、たまたま脳死になった赤ちゃんがいて、移植の適性があって、ということは、まずないだろうなと、思う。
 想像するに、闇ブローカーがいて、発展途上国で移植の適性が合う赤ちゃんを、人身売買で買って、という手順を経て、得た心臓なんじゃないかなと、思う。だから、何億もするような治療費がかかるんだろうと、、。
 まあ、そうかどうかはわからないけど、そもそも、他人の心臓をもらって生きる、そういう「生」に意味があるのかと疑問に思うわけです。
 
 してみると、延命治療の問題ってのは、「生」の意味の問題に、なっちゃうのかなと、思います。
 これが、「積極的安楽死」とか、「消極的安楽死」、「尊厳死」と、それぞれが、どういう場合に認められるか、考えるロジックで論じられています。
 
 これは、難しいんだろうけど、まず、「生」の定義について考えないと、いけないのかなと思います。
 いや、体感的にはですよ、意識がしっかりあって、ご飯が食べれて、体に痛いところがなくて、自分で出歩けて、楽しくて、っていう「生」の要素が、徐々になくなっていって、全部なくなっちゃうと、「死」な訳です。
 それと同時に、いや、大変高齢な方が、何十年も入院して、治療をして、意識がなくて、家族は介護をし続ける、そういう「生」が充実しているのかと、疑問に思う気持ちがあって、なるべくなら、そういうのは、避けたいなと、長生きして、ポックリ死ぬのがいいな、と思う気持ちもあると思うんです。
 
 そこを、医者の裁量でみてあげるのが、この隘路ととれる訳です。
 いや、この事件が、実際どうなのかわかりませんが、注目していきます。
  1. 2006/03/27 (月) 11:48
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

2006年03月26日(日) ◇ 豊田綾乃のプレシャスサンデー (考えたこと)

 豊田綾乃がパーソナリティで、朝の5時から8時20分までの箱番組の連続を、つないでいく番組なんだけど、聞いてたら、いや、びっくり箱みたいな番組ですよ。
 何の脈絡もなく、子供音楽コンクールっていうさわやかな合唱と柳井麻希のさわやかなトークの直後に、「美輪明宏 薔薇色の日曜日」っていう番組が始まって、びっくりして、頭の中に、あの東京電力の黄色の頭のおばけが、浮かんでしまいました。
 日曜朝の7時から、あの黄色の頭の図から、しゃべりかけられるのは、気持ち悪くなってきて、ボリュームを絞ってしまって、その後のコーナを聞きそびれたんだけど、そのあとも、「村田昭治のリラックス2」っていう番組があって、これがまた、オヤジが、ひたすら愚痴を言いまくる番組で、アナウンサーが受け答えに困っているという、なんか、図式がめちゃくちゃだなぁと。
 その愚痴がまた、スーパーの店員が、誇りを持っていないとか、マグロがどこ産か知らないみたいな、本当につまらない愚痴で、だからどうなのよ、という様な愚痴を、愚痴愚痴、酔っ払いみたいにいってるんで、聞いてたら、最終回なんだとか、それも、90何年からやっていた番組だそうで、こんな内容の番組が、そんなに長く続いてきたのかと、それもびっくり。
 いや、豊田アナが、全然箱番組の内容を受けないので、いや、聞いてる方は、全く脈絡なくというか、それぞれの箱番組がつながらないので、すごい違和感があって、まるで現代音楽のシェーンベルクを聞いているような、いや、それぞれの番組は、あと、中村メイコ、神津カンナが、介護保険の制度の改正について原稿を完全に棒読みする「メイコのいきいきモーニング」とか、内容は、ちゃんとしたものなんですが、完全に棒読みする番組って、すごいじゃんと、聴取者の方を向かないで、スポンサーの役所の方をきちんと向いた番組って、すごいなぁと。
 いや、FFXIをやりながら、ながらで聞いているんで、別になんでもいいんですが。
 今やってるのが、なんか風車のコトを、東ちづるが、驚いて相槌を打つ番組、「グッドモーニングジャパン」で、資源エネルギー庁が提供という、役所の広報番組ですな。
 いや、資源の無駄をいうよりこの番組自体が、「無駄な広報番組」じゃないかなどと、自分の放送局全否定しろというつもりもないですよ。
 だって、おもしろいもの、これだけ風車のコトだけで、15分もやって、楽しそうな体で、「すごいなぁ」とコメントを連発する東ちづるの演技力ですよ。この演技力、金のため、必死になって番組が楽しいという、「全く興味もないし、つまらねーな。」という本心があるんだろうな、と想像しながら、まだ、やるのかい、という延々続く感ですか。
 いや、楽しくないのを楽しくないと言わない感、いや、楽しくないのは当たり前だろうけど、ああいう、テンションでわざとらしく驚くのはどうなの?という違和感ですね。いや、芸なんですね。
  1. 2006/03/26 (日) 08:56
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年03月26日(日) ◇ 青木裕子の不倫 (考えたこと)

 今年の1月、TBSアナウンサー青木裕子の「FLASH」不倫騒動が起こり、、青木裕子は、オンエア0分で、日曜日の秘密基地を降板し、TBSラジオのガクショック、TBSテレビのサンデージャポンのアシは、継続して担当している。
 青木裕子の不倫相手は、サンジャポの男性フリーディレクター(33)で、妻子持ち、処分を受けて、サンジャポの番組担当を外されたそうだ。
 あと、はなまるマーケットのお取り寄せクノイチを、TBS新人アナ3人でやってる。
 疑問なんだけど、TBSテレビの番組は、継続して出演して、TBSラジオの番組は、どれも降板。どうして、ラジオとテレビでこうも対応が違うのかと?。分社化の影響なんでしょうか?
 TBSのラジオは、分社化されて、テレビとは別会社になってるんだけど、その影響かしら?
  1. 2006/03/26 (日) 07:15
  2. | トラックバック:2
  3. | コメント:5

2006年03月25日(土) ◇ KAT-TUN (考えたこと)

 すごい勢いですね、初回出荷100万枚ですねぇ。いや、いや、これからテレビのバラエティとかに進出して、そっち方面で、活躍してもらいたいですね。
 どうしても、ドラマだと、ソロでの活躍になるんで、グループとしての看板番組で、是非とも力をつけて欲しいです。
 ブランチ出演みました。面白いキャラクターが、揃ってるし、何より、チームワークがいいですね。いや、みんな、それぞれ盛り上げるような、トークが冴えてますね。グループのスポークスマンの亀梨くんがいて、一方、クールな赤西くんがいて、いいなぁ。赤西君。わがままってのがいいなぁ。
 こういう色々なキャラが、あるのがグループとしては、また、魅力なんだなぁ。KAT-TUN、応援してます。
  1. 2006/03/25 (土) 12:03
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2006年03月25日(土) ◇ 福田沙紀 上戸彩 石原さとみ の声質 (考えたこと)

 福田沙紀 画像 で、検索してみた。いや、オフィシャルのブログのあるアイドルって、強いですよね、というか、福田沙紀は、オスカープロモーション所属で、本人もしっかりお芝居ができる子なので、めちゃくちゃ注目度があがっていますねぇ。
 毎日、福田沙紀ちゃんのブログを見て、お、ハンバーグ作ったのかとか、思いながら見ているので、すごいなぁと。
 今のアイドルって、ブログで情報発信できるのね。まあ、一般人でも、そうか。いやはや、でも福田沙紀ちゃんて、いいねぇ。自分の娘にああいう子がいたらいいなぁって、伊集院光が、WEBJUNKで言ってたのを、きっかけに、検索してみたんだけど、なるほど、こういう子かと。
 伊集院光が言ってたのも、わかるなぁと、納得しました。確かに、福田沙紀ちゃんみたいな子って、まあ、福田沙紀ちゃん本人はそういわれたくないだろうし、でも、伊集院光みたいな親父側から見ると、ああいう明るくて健全な子が娘だったら、いいなあと思うんだろうなと。
 あと、ニッポン放送のラジオ番組で、出てますねぇ。まあ、日曜の夜は、石原さとみ、上戸彩、福田沙紀、っていう並びですから、2006年女性アイドルの若手組の勢ぞろいなんでしょうなぁ。
 実のところ、上戸彩の声質は、ちょっと、好みじゃないかなと。いや、しょうがないと思うんですよ。ああやって若くして、ラジオとかテレビで仕事をしてる訳で、はきはきした様な、ちょっと声のテンション高めっていうキャラクターでやらないと辛いってのも、わからないでもありません。
 石原さとみは、上戸と比べると、若干テンション下げ気味で、まあ、声質の問題ですから、キーを若干下げているのかなとは、思いますが、あの位のキーでしゃべれたらいいでしょうねぇ。
 福田沙紀は、声のトーンが一番低くて、リアル女子高生ですなぁと。あれが一番普通っぽいんですね。ちょっと、ラジオ的には、聞き取りにくいような感じもあるのが、素人っぽい、いや、そういうキャラづけがベストだと思います。
 ホントは、福田沙紀が、一番若い訳だから、声が一番高いと考えがちなんですが、実は、一番若い声帯をもっていて、低いテンションで話すのが、一番リアル若い声になるという、感じでしょうか。
 例えて言うなら、小俣雅子が、昔やる気マンマンでやってたコーナで、不必要に声を高くして、やってるのって、ただのおばさんが、気持ち悪い声を出しているというか、オカマが女声でしゃべっている様なもの、そういうのでしかなかったんで、例えが悪かったですね。失礼しました。
 キーが不必要に高いといえば、小林麻耶ですねぇ。小林麻耶は、26歳ですか、いや、好みですよ好み。あのキーが好きな人もいるんでしょうし、顔と一緒にテレビに出てくると、違和感がないというか、華があるんですが、ラジオだと、あのキーでしゃべられると、若干引くんですね。まあ、声のキャラクターが子供なので、内容より、声質に気が引かれちゃって、損かなと。
  1. 2006/03/25 (土) 09:33
  2. | トラックバック:4
  3. | コメント:1
<< 前の記事 | ホーム | 次の記事 >>
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads