<< 前の記事 | ◇ |

2013年07月26日(金) ◇ 引当金と原発 (エコ)

 福島第一原発の廃炉費用を今後の電気料金に上乗せする話。

 再稼働させる以前に、原発で事故が起こる事とその処理費用を見積もって、それを事前に引当金として計上して損益、損金に反映させるべき話。

 事故が起こってから、その後で処理費用を電気代に上乗せするのは、おかしい話。福島第一原発での発電という利便を得られた時期と同じ時期に、事故の危険性を見積もって損失を計上させておくべき話。

 つまり、これは税法の話にもなるだろう。この引当金(原発事故引当金)を電力会社が損金計上したら、損金として認められないとして、脱税扱いにするのかしないのか。

 原発は、事故が起きた時の被害額が巨大だからこそ、それを発電と同時期に「費用」として見積もらないのは、おかしい。今後原発を稼働させたら起こるであろう原発事故処理費用を見積もって、原発が「安い」かどうか判断すべき話。で、廃炉まで事故が起こらなかったら、その時点で初めて引当金を収益に戻すべき話。
 これを計上したら、原発は高くなるからやらない、、ってのは、不合理。初めに答え在りきで、合理性に基づかないでやるのは、原発安全神話と同じで国を滅ぼす。
  1. 2013/07/26 (金) 11:50
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年03月11日(月) ◇ はなこさん つながらない (エコ)

 花粉が撒かれて、はなこさんがつながらない状況が続いているみたいです。はなこさん@つながらない。
 モバイル版はなこさんが、つながりやすい。
 http://kafun.taiki.go.jp/mobile/

 はなこさん公式が、twitterにbotでつぶやけばいいのに。どうせ1ヶ月位なんだから、サーバ増設するのはもったいないです。

 花粉除去には、ダイキンの空気清浄機を使ってます。常時「強」でかけてます。ダイキンの空気清浄機のある部屋にいる限り、目がかゆくなる事もくしゃみもありません。値段の価値はあると思います。


以下、今日のはなこさんから引用~

 はなこさん
関東地域 > 東京都

独立行政法人森林総研多摩森林科学園
2013年03月11日16時

花粉飛散数:418個/m3
昨日の同時刻:2992個/m3
住所:東京都八王子市廿里町1833-81
  1. 2013/03/11 (月) 17:10
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2013年03月10日(日) ◇ はなこさん@つながらない (エコ)

 はなこさんがつながらないっていう状況です。はなこさん@つながらない。
 はなこさんが公式にtwitterアカウントを取って、花粉の状況をつぶやけばいいのに。
 花粉が酷いのは一カ月位だから、その為にサーバを増築するのはもったいないです。
 twitterに、はなこさんbot作って、データをそのまま呟いてくれればいいです。
 誰かが非公式に、はなこさんbotをやりそうな気もします。

 自宅は、ダイキンの空気清浄機が強でフル回転中。


hanako2.jpg
 八王子の13517個/平方メートルの花粉って何だよ、、。酷過ぎる。1万個超えた、、。
  1. 2013/03/10 (日) 16:05
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年08月16日(木) ◇ 何で飯舘村の人は、帰れないのか。 (エコ)

 福島第一原発の1.2.3号機の冷却装置が止まってから、燃料棒が溶けるまでの約1時間より前に一次冷却水(蒸気)をベントして海水を注水しておけば、今頃飯舘村や原発周辺の土地は、ほとんど人が帰る事ができただろう。

 海の汚染もほとんど問題にならなかっただろう。浜岡原発5号機の海水流入事故は、トン単位で原子炉内に海水が流入してる、って事は、一次冷却水が同量外に出てるけど、フクシマの状況を見ると燃料棒さえ溶けなければ、環境汚染は、桁が数十も少ないとわかります。
 原発で環境が汚染される大事故を防ぐには、「絶対に」燃料棒を溶かさない事が必須になります。

 1、圧力容器の安全弁を開く。
 2、格納容器をベントする。この際、ドライでもウエットでもいい。
 3、圧力容器に消防車で海水を注水する。
 4、上記の3つを冷却装置が稼働しなくなってから1時間以内、燃料棒の溶融前にする。

 の4つが満たされれば、中越沖地震時の柏崎刈羽原発事故や、2010年の福島第一原発2号機事故や、今回の福島第二原発事故の様に、3.11の福島第一原発事故の巨大汚染は起きませんでした。
 地震で配管が壊れたとか、全交流電源喪失とか、津波襲来とか、色々言われてますが、最終的には燃料棒が溶ける前に上の4つの事をやらなかった事が、福島第一原発の事故を「巨大環境汚染」にした最終的な原因であり「人災」たる理由です。

 それにしても、今もって謎なのは、メルトダウンまで一番時間がかかった2号機ですら、なんでメルトダウン前にベントができなかったか?です。1号機がメルトダウン後の水素爆発を起こして後、「3号機、2号機の冷却系がまだ動いているうちに」ベントをして炉内に大量に海水を投入しなかったのか?という事です。

 http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/111222p.pdf
 を読むと、「2号機、3号機の冷却系が動いているうちにベント」という発想がなかった可能性が高いです。

 要は冷却系が生きているうちは、圧力容器の安全弁、格納容器のベントを閉じておく。そして、冷却系が止まったら、ベント作業に移る。そしてベント作業に時間が1時間以上かかり、燃料棒が溶けてからベントが成功したり、ベントに失敗したりと、3号機、2号機と同じ事が繰り返され、燃料棒を溶かしました。
 口ではベントをすると言っても、実際は、圧力容器の安全弁解放、格納容器ベント、海水投入を東電が最も優先して行わないという東電の事故処理方針が、3つの炉を次々とメルトダウンさせました。

 冷却系が動いているうちに故意にベントすれば、明らかに東電の意図的な放射能汚染ということになりましたが、放射能汚染量は今回の事故よりずっと少なくて済んだでしょうし、地元の人はもう帰れたでしょう。ですが、東電は意図的な放射能放出による賠償責任を逃れえない事になったでしょう。

 東電が会社が潰れても原子力を失っても、地域の人を、というか、日本の国土の汚染を最小限に食い止めるつもりがなかった事が、今回の大規模汚染を引き起こした原因です。
 3.11福島第一原発事故について、人災として最も糾弾すべき点は、東電が自社の賠償責任が明確にならないように対応した点です。
  1. 2012/08/16 (木) 23:13
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

2012年07月15日(日) ◇ SPEEDI公開法 (エコ)

 国会や政府の東京電力福島第一原発事故調査委員会のニュースを見てると、SPEEDIの公開が遅れた事で無用の被曝がされた、、うんぬんの事を語ってました。国、役人と政治家は、SPEEDIの結果を国民に公開する法律的義務、つまり即時公開しなかった時の刑罰が無かったから(おそらくパニックを恐れて)公開しなかったのです。

 SPEEDIの公開遅れを本気で防ぐなら、SPEEDI公開法を国会で決めて、SPEEDI計算結果の全面即時公開義務を法律に定めて、即時に全部公開しなかった時の刑罰を定めるのが適切です。
 しかし政府も国会もそういう事を一切言わない。原発から放射能が放出された時に、気象庁が風向きと落下場所の予想を即座に国民に公表する義務がある事を法律を定めない。そうしないとまた、同じ事が繰り返されるだろうに、反省が足りないというか、反省していないのと一緒、むしろ国民に形式上謝る事で、同じ事を繰り返せるようにしていると言えるでしょう。

 NHKも民放もそういう事は言わない。考えればわかる事なのに言わない。これが「客観報道」で、不要です。
 論点をどこに置くかが、この問題の重要な点です。原発の依存度を何パーにするかは、論点として都合のいい所だけをつまんでいるだけです。

 原子炉が運転途中に事故って大量の放射能をバラ撒いた時に、電力会社の責任者達、官僚の責任者、政治家のトップ、それぞれの個人にかける厳しい刑罰を定めないのが理解不能です。原発で事故が起きれば、国の広い範囲に人が住めなくなるのに事故を起こした責任者を厳しく刑罰する法律を定めなければ、彼らのモラルハザードによって、また何年、何十年後に同じ事故が起こるでしょう。
 原発再稼働がどうとか、依存度が何パーとか、それらは(最も重要な)論点じゃありません。むしろ論点を意図的にずらしてるだけです。
  1. 2012/07/15 (日) 22:06
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<< 前の記事 | ホーム |
ブログライブ

最近の記事

Calender RSS1.0

ブログライブ内記事検索

Category

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

ads